GARDEN & LANDSCAPE
HEALTHY DESIGN PRODUCTS
PROFESSIONAL
by FAIRY GARDEN
英国王立園芸協会 正会員 フェアリーガーデンはエコオジーなガーデンデザイン設計・施工店です。
Column   
Garden & Exterior Design Office
 
Garden Works
   
■ 植木の水やり(潅水)  
外構植栽の木や、お庭に植えた木は、基本的に水をあげないといけません。 
山などの自然木と違い、お庭の植木には水やりが必要です。
自然の雨だけでは足りません。  
特に新しく植えた木には、根づくまで1年間は水やりをしましょう!。 
冬場はほとんどあげなくて良いですが、日照りが数日つづいて土壌が乾燥 
している場合のみ昼間に水やりをして下さい。 
 

  ■ 水やりの基本

〜春先と夏場が植木は枯れやすいです。〜 
  植木は小さな根鉢にて植えています。それから周りの土と一体になり、 
  根を広げていきます。 その為には水やりが必要です。
  まずは、1年間根づくまで表土が乾ききってない限り、毎日あげてください。 
  雨の日や、曇りがつづいて、土が湿っていれば、あげなくて良いです。 
● Point
  高木や低木の水やりは、 
  水やりは木の幹にあげるのでは無く、木の根鉢まわりにホースにて、たっぷりとあげてください。
  たまに、ジョロであげる人もいますが、残念ながら地中に浸み込んでいなく、表面に流れています。 
  ジョロの量だとお水が全く足りません。 ジョロはお花用です。 
  植木1本でも、同じ場所一か所にあげるのではなく、全体的にあげてください。 
  土中に浸み込むまで、たっぷりとあげて下さい。 
 
  お花の場合は、極力お花に水がかからないようにあげましょう。
  お花が気になる部分はジョロの先っちょを取って、ゆっくりとたっぷりあげてください。  

  ■ 春と秋の水やり

〜涼しい時間帯に水やりをしましょう!。〜
  春の時期は温度差が激しく、朝夕は寒かったり、日中は暑い日や、次の日は日中でも寒かったりと、 
  植木や花には、水やりは注意が必要な時期です。
  せっかく新芽が出ても、日中の急激な暑さで葉が枯れる時もあります。
  お庭の土の乾燥を見て、注意して水やりをしましょう。 
  秋の時期は春と同じく温度差があるので注意しましょう。 
  冬にむけて徐々に水やりを減らしていきます。 

  ■ 夏の水やり

〜日照りが続くと、根付いていても植木は枯れます。〜 
  夏場は朝夕2回が望ましいですが、朝か夕方に1回は、たっぷりと、あげてください。 
  たまには、葉にも水をあげる(葉水)と、植木も喜びます。 
  水やりにて、水打ち効果があり、夜はしてないより建物周りが涼しくなります。

  ■ 弱った木の水やり 

  @枯れかかっている場合
  葉の先から枯れ落ちている場合は水が吸収していません。お水が足りないケースが多いです。
 長年の木で、根付いていても、夏の猛暑では樹木は枯れます。 
 土の表土の渇きを見て、水やりをしましょう!。 
 外構の庭やメインガーデンの宅地は残念ながら、自然の山と違い養分がありません。  
 植えた木の鉢だけに肥料をあげているのです。肥料も定期的にあげないと土は肥えません。 
 その肥えた土になると保水力や土中微生物が増え、土も木も元気になりますが、水が必要です。 
  Aそれでも枯れかかっている場合
  木が弱り、木が枯れ始めて、気を付けて水をあげてもかえって枯れている場合は、
  水のあげすぎで根腐れしている場合があります。 
  そんな時は専門家に相談しましょう! 
  B枯れかかってる木の剪定。 
  余分な養分がいかないように剪定は効果的ですが、強剪定は通常、樹木によりますがしません。
  剪定後も特に水やりが必要です。 
  剪定して安心して水をあげないと枯れるケースが多いです。水やりをしっかりしましょう!。 


水やりの注意!植木には潅水が必要です。

Copyright(C)2018 Fairy Garden all rights reserved